乳酸は疲れるは嘘 「乳酸トレーニング」 クローズアップ現代で話題 乳酸いき値を使ったインターバル速歩

NHKクローズアップ現代で話題の

「乳酸トレーニング」「乳酸いき値」「インターバル速歩」

について。




 

乳酸は疲れの原因ではない?

乳酸=疲れの原因 ×

 

NHK「クローズアップ現代」(2018年10月11日放送)

によると、

 

「乳酸は疲れの原因」

長い間そう思われてきましたが、最近の科学や研究

では異なる結果が生まれているようです。

 

結論から言うと、

 

●乳酸は疲れの原因ではない

●乳酸はエネルギーになる

●乳酸は持久力につながる

 

つまり、

 

乳酸は疲れにつながるという言説は嘘

 

であるという事になります。

 

乳酸トレーニングとは?

では、

乳酸を効率よく使うには、どのくらいの強さの運動を

どの程度行うのがいいのでしょうか?

 

●乳酸が多く出始める、「乳酸いき値」を少し越える強度の運動をする

●「乳酸いき値」を活用すると、短時間で効率的にトレーニングができる

●走るスピードを調整してトレーニングをする

●高齢者は早歩き(最大速度の70%程度)でも良い

 

一つの乳酸トレーニングとして、「インターバル速歩」が

あります。

 

インターバル速歩

1 「ややきつい」と「きつい」の間

2 大また、正しい姿勢

3 速歩は1日15分以上、週4日以上

4 3分ごとにインターバルを入れる

 

何となくできそうですね。




 

 

bannner tyuuko

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ