吉野彰wiki経歴!学歴は京大!家族・嫁?子供?ノーベル化学賞!旭化成名誉フェローのよしのあきら

2019年10月9日、ノーベル化学賞に吉野彰(よしのあきら、71歳)

さんが選ばれました。

吉野彰さんの顔画像・写真(出典:twitter)



 

吉野彰さん・2019年度のノーベル化学賞受賞の概要

ことしのノーベル化学賞の受賞者に、スマートフォンやパソコンなどに

広く使われている「リチウムイオン電池」を開発した大手化学メーカー

「旭化成」の名誉フェローの吉野彰さん(71)らが選ばれました。日本人

がノーベル賞を受賞するのはアメリカ国籍を取得した人を含めて27人目、

化学賞では8人目です。

吉野さんは、大阪府吹田市出身で71歳。京都大学の大学院を卒業後、

旭化成に入社し、電池の研究開発部門の責任者などを務めたほか、

おととしからは名城大学の教授も務めています。

吉野さんは、「充電できる電池」の小型化と軽量化を目指して開発に取り組み、

当初は、ノーベル化学賞の受賞者、白川英樹さんが発見した電気を通す

プラスチック、「ポリアセチレン」を電極に利用する研究をしていました。

その後、コバルト酸リチウムという化合物をプラスの電極として使う当時の

最新の研究成果に注目し、マイナスの電極に炭素繊維を使うなどした結果、

昭和60年、現在の「リチウムイオン電池」の原型となる新たな電池の開発に

成功しました。

小型で容量の大きいリチウムイオン電池は、スマートフォンやノートパソコン

といったIT機器に欠かせないものとなったほか、電気自動車にも利用される

など現在の社会を支える技術となっています。

こうした業績は国内外で高く評価されていて、吉野さんは平成16年に紫綬褒章を

受章したほか、平成26年に「工学分野のノーベル賞」とも呼ばれるアメリカの

「チャールズ・スターク・ドレイパー賞」を、ことしはヨーロッパの特許庁が

主催する「欧州発明家賞」を受賞しています。

日本人がノーベル賞を受賞するのは、去年、医学・生理学賞を受賞した本庶佑

さんに続き、アメリカ国籍を取得した人を含めると27人目で、化学賞は、9年前

の鈴木章さんと根岸英一さんに続いて8人目となります。

 

出典:NHK NEWS WEB

 

 

吉野彰さん、日本人で27人目のノーベル賞受賞者になります。

 

今は名城大学の教授を勤めていますが、長く旭化成で仕事をしてきた

ようですので、民間出身と言って良いでしょう。

 

ノーベル賞は大学関係者が多かったので新鮮ですね。



 

吉野彰wiki経歴!学歴!家族・嫁?子供?旭化成名誉フェロー

吉野彰さんの顔画像・写真(出典:twitter)

 

名前:吉野彰(よしのあきら)

生年月日:1948年1月30日

年齢:71歳(2019年10月時点)

出身地:大阪府吹田市

学歴:1970年京都大学工学部石油化学科卒

   1972年京都大学大学院工学研究科石油化学専攻修士課程修了

経歴:1972年 - 旭化成工業株式会社(現旭化成株式会社)入社。

   1994年 - (株)エイ・ティーバッテリー技術開発担当部長。

   1997年 - 旭化成(株)イオン二次電池事業推進室 室長。

   2003年 - 旭化成フェロー就任。

   2005年 - 論文博士にて大阪大学で博士(工学)の学位取得。

   2005年 - 旭化成(株)吉野研究室 室長。

   2017年 - 名城大学大学院理工学研究科 教授。

   2019年 - ノーベル化学賞を受賞。

家族:妻・嫁、子供については調査中

 

 

吉野彰さん、戦後生まれの71歳です。

学歴は京大です。工学部卒で修士課程まで進んでいます。

 

その後、30年以上旭化成一筋でサラリーマン研究者を続けていた

ようですね。

 

ですので、「吉野彰さんは旭化成の人」と考えて良さそうです。

 

民間企業に勤めながらノーベル賞級の研究をするというのはすごい

事ですね。

 

家族については公開していないようですが、すぐに多くの情報が

明らかになると思われますので、分かり次第追記します。

 

年齢的には嫁・妻、子供、孫までいてもおかしくありません。



 

吉野彰さんノーベル化学賞受賞にネットでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

まとめ

以上、

 

吉野彰wiki経歴!学歴は京大!家族・嫁?子供?ノーベル化学賞!旭化成名誉フェローのよしのあきら

 

でした。

 

随時追記します。

 

 

bannner tyuuko

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ