和歌山市の酒直ビルから鉄パイプ落下の動画!現場特定!板垣智之さん!業者はどこか特定!「SIGN TAKASE」「ヒロケン」!賠償金は?業務上過失致死で逮捕か!26歳男性死亡!

2019年11月19日午前8時15分頃、和歌山市十三番丁にある12階建てのビル

「酒直ビル」から鉄パイプが落下し、通行人の26歳男性・板垣智之さん)に

直撃し、死亡する事故がありました。

 

建設業者は、和歌山市にある工事の元請けの「SIGN TAKASE」

と下請けの「ヒロケン」と判明しました。

 

 

 

   

 

 

和歌山市の酒直ビルから鉄パイプが落下した現場付近の動画

です。

 

 

和歌山市の酒直ビルから鉄パイプ落下で男性(板垣智之さん)死亡

19日午前8時15分頃、和歌山市のビル(12階建て)の最上部から

鉄パイプ(長さ1・5メートル)が落下し、道路を歩いていた20歳代

男性の頭に当たった。男性は病院に運ばれたが、死亡した。

ビルには地元商社の本社が入る。和歌山西署や同社によると、最上部から

道路までは40メートル以上。最上部で9月上旬から商社の看板の補修工

事が行われ、現在は工事が終了し、足場の解体作業中だった。

工事は、商社が和歌山市内の業者に発注しており、同署は業者の安全管理

体制に問題がなかったか、業務上過失致死容疑も視野に捜査する。

 

出典:読売新聞オンライン

 

和歌山市の酒直ビルから鉄パイプが落下して通行人の男性が死亡

した事件ですが、上記報道では「20歳代」となっていますが、

26歳の男性であることが分かっています。

 

(追記:板垣智之さん26歳と特定されました。未確認情報ですが、灘中高出身で

三井住友銀行勤務のエリート銀行員では?とも言われています)

 

「和歌山県警によると、和歌山市のビル屋上から落下した鉄パイプ

に当たった男性(26)の死亡が確認された。」共同通信

 

なお、事件・事故現場の「酒直ビル」では数日前にも鉄パイプが落下する事故

があったとの事です。

 

「事故を目撃したという近くのガソリンスタンドの男性従業員は「パイプは

男性の頭の辺りに当たり、その場に倒れ込んだ。数日前にもパイプが落下し、

危ないと思っていた」と話した。」(出典:毎日新聞

 

 

 

和歌山市鉄パイプ落下で26歳男性(板垣智之さん)死亡の現場は「酒直ビル」

 

 

住所は

〒640-8150 和歌山県和歌山市十三番丁30

です。

 

 

ここです。

   

工事の発注元である商社・酒直(さかなお)のCMはこちらです。

 

 

1905年創業の老舗商社です。2019年11月現在の社長は酒本徹さん

です。

明治38年1月、酒本直吉氏が和歌山市海草郡下津町において発足、と

ありますので、オーナー社長ですね。3代目~4代目くらいでしょうか?

社長あいさつ

酒直の社長・酒本徹さんの顔画像・写真(http://www.sakanao.com/about/message

画像出典:酒直(さかなお)のHPより

 

 

 

和歌山市の酒直ビルから鉄パイプ落下で板垣智之さん死亡!に2ch/5chやネットでは?

板垣智之さんかわいそう

酒直ビル?

消防署もすぐ横だし日赤も近所だからすぐに手当はされただろうけど…

12階建てって酒直の下3階が青いビルか

和歌山消防署の超近くだな

なんで一回目の落下時に監査しなかったんだろう

酒直ビルって地図見たら毎年のように泊まってたホテルのすぐそばだった

航空写真で見ると東西方向の道路沿い、北東側に看板あるな

ストビューで見上げると、・・・看板オーバーハングしてはみ出しとるがな!

こりゃ直撃やな南無阿弥陀仏

酒直の看板の補修か。発注者酒直だろ。

ここの現場監督は逮捕される。

労基は警察と同じ権限があるので。

賠償金

一円もとれねーよ

会社畳んではいさいなら

下請けの下請けのさらに下請けの1人親方の知り合いの解体屋とかだろ

落下した鉄パイプはビルのそばを歩いていた大阪 中央区の銀行員、板垣智之さん(26)に当たりました。

警察によりますと、鉄パイプは男性の頭部を直撃したということで、板垣さんは和歌山市内の病院に運ばれましたが、午後1時すぎに死亡しました。

 

引用5ch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒直ビルの工事現場の責任者は逮捕される?請け負っていた業者はどこか特定!

酒直から看板補修の工事を請け負っていたのは、和歌山市にある工事の元請けの

「SIGN TAKASE」と下請けの「ヒロケン」と特定されました。

 

「この事故を受け、警察は20日、業務上過失致死の疑いで、いずれも和歌山市

にある工事の元請けの「SIGN TAKASE」と下請けの「ヒロケン」の

捜索を始めました。

このうち「SIGN TAKASE」には、午前9時半すぎ捜査員が段ボールを

持って建物の中に入っていきました。

今回の事故をめぐっては、4日前の今月15日にも同じように鉄パイプが落下し

ていて、2つの業者は、再発防止策を取るとビルの管理会社に申し出ていました。

警察は、業者から資料を押収し、現場での安全管理が徹底されていたかなど、

詳しい状況を調べることにしています。」(出典:NHK

 

 

事故当時、酒直ビルの看板の補修工事をしていて、足場の解体作業中でした。

工事は酒直ビルが和歌山市内の業者に発注していた事が分かっていましたが、

業者名も判明です。

 

 

26歳の男性が死亡していますし、完全に過失ですので、業務上過失致死と

いうことになるでしょう。

小嶋幸彦の顔画像

出典:https://yellowpage01.com/

 

工事を請け負っていた和歌山市内の業者の、「SIGN TAKASE」と

下請けの「ヒロケン」の現場責任者はおそらく逮捕されるでしょう。

 

警察は、「証拠隠滅」「逃亡」をさせないために、容疑者として逮捕します。

48時間以内に取り調べて、釈放か検察へ送るかが決まります。

 

業務上過失致死で執行猶予付きの判決になる事が想定されます。

 

 

酒直ビルの鉄パイプ落下事故で賠償金は?

普通に考えると、和歌山市内の工事業者(「SIGN TAKASE」と下請けの

「ヒロケン」)が、死亡した26歳男性に億単位の

賠償金を支払う必要性があるでしょう。

 

条件としては、両親等の親族が民事裁判を起こすことと、工事業者、会社が

支払いに応じるだけの金銭的余裕があることかと思われます。

 

ゼネコン等が元請けにあって、被害者側が有能な弁護士をつければ、ゼネコン

からお金(賠償金)を引っぱれるかもしれませんが、和歌山市内にある

小さい町の土建屋みたいなところだと、会社を倒産させて支払いを逃れる

可能性もありそうですね・・・。

 

 

 

まとめ

以上、

 

和歌山市の酒直ビルから鉄パイプ落下の動画!現場特定!板垣智之さん!業者はどこか特定!「SIGN TAKASE」「ヒロケン」!賠償金は?業務上過失致死で逮捕か!26歳男性死亡!

 

でした。

 

 

bannner tyuuko

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ