古川真人wiki学歴!結婚?162回芥川賞!「背高泡立草」!ふるかわまこと

2020年1月15日、第162回芥川賞が発表され、古川真人(ふるかわまこと、

31歳)さんの「背高泡立草」が受賞しました。

 

 

 

  

 

古川真人(まこと)さんが「背高泡立草」で芥川賞受賞の概要

第162回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、芥川賞に古川真人さんの

「背高泡立草」が選ばれました。直木賞は、今も選考が続いています。

芥川賞の受賞が決まった古川真人さんは福岡市出身で横浜市在住の31歳。

高校時代に所属していた文芸サークルで小説を書き始め、大学を中退してか

らは兄の家に同居して創作活動を続け、文芸雑誌の新人賞などに作品の投稿を

続けてきました。

平成28年に発表したデビュー作の「縫わんばならん」が芥川賞の候補作となり、

今回は4回目の候補での受賞となりました。

受賞作の「背高泡立草」は、20代の女性が母親や親戚とともに長崎県の島にある

母方の実家に向かう場面から物語が始まります。誰も使わなくなった納屋の草刈り

などをする様子を方言を交えて描く中に、戦前や江戸時代を舞台にした別の物語

が挿入され、島や家をめぐる歴史や記憶がひもとかれていきます。

 

出典:NHK

 

古川真人(まこと)さん、4回目の候補で初の芥川賞受賞

です。

 

 

古川真人(まこと)wiki学歴!結婚?162回芥川賞!

 

名前:古川真人(ふるかわまこと)

生年月日:1988年7月29日

年齢:31歳(2020年1月時点)

出身地:福岡県福岡市

住所:神奈川県横浜市

学歴:第一薬科大学附属高校(福岡県の私立高校、偏差値37-41)

   國學院大學文学部中退

経歴:大学中退後は兄の家に同居して捜索活動を続けた

   2016年「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー、

   同作で第156回芥川賞候補に。2017年、第2作「四時過ぎの船」で

   第157回芥川賞候補、第31回三島由紀夫賞候補、2019年、第4作

   「ラッコの家」で第161回芥川賞候補。

   2020年1月「背高泡立草」で第162回芥川賞受賞

   著作一覧

家族:結婚歴なしの独身?

 

古川真人(ふるかわまこと)さん、31歳の若者です。

大学を中退後は兄の家に同居して捜索活動をしていたとの事

ですので、もしかしたら、ずっと広い意味の「ニート」をして

いたのかもしれません。

 

 

 

となると、まだ未婚の独身で、嫁・妻や子供はいないのでしょうか?

結婚歴はない可能性が高いと思われます。

 

学歴は、福岡の私立高校、第一薬科大学附属高校出身で、東京の

国学院大學に進学しますが、中退しています。3年生に進級できなかった

そうです。

 

 

古川真人(まこと)さんが「背高泡立草」で芥川賞受賞にネットでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上、

 

古川真人wiki学歴!結婚?162回芥川賞!「背高泡立草」!ふるかわまこと

 

でした。

 

 

bannner tyuuko

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ