北海道の感染者は石狩管内!どこで新型コロナウイルスか特定!50代・農家・男性!重篤!

2020年2月14日、北海道は、北海道で二人目の新型コロナウイルス患者

が重篤の状態にあると発表しました。当初は、北海道のどこか情報を隠して

いましたが、2月17日(月)になって、「石狩管内在住」と発表しました。

ただ、広い「石狩管内」のどこで新型コロナウイルスに感染したのかは

隠蔽したままで公表していないために、疑心暗鬼が広がっています。

石狩管内の面積と首都圏一都7県の面積が一緒です。

 

 

北海道で新たに新型コロナウイルス感染者!50代・農家・男性

北海道に住む50代の日本人の男性が新型コロナウイルスに感染したことが

確認されました。道内の感染確認は2例目で、男性は症状が重く、集中治療室

で治療を受けているということです。

北海道によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは道内に

住む50代の日本人の男性です。

男性は先月31日に発熱やせき、けん怠感を訴え医療機関を受診したところ肺炎

の症状が見られ、道内の衛生研究所で検査した結果、14日新型コロナウイルス

に感染していることが確認されました。

男性の症状は重く、呼吸状態が改善せず集中治療室で治療を受けているという

ことです。

男性は、感染が確認されるまで3か所の医療機関を受診していて、海外への

渡航歴はないと話しているということです。

道は14日夜、対策本部会議を開き、関係機関が連携して拡大防止に万全を期す

ことを確認しました。

 

出典:NHK

 

北海道は17日、新型コロナウイルスの道民初感染者について、石狩管内に

在住する50代の自営業の男性だと発表した。濃厚接触者は家族や同僚など

計43人。このうち、感染が疑われた16人についてウイルス検査を実施した

が、全員陰性だったという。

 

出典:北海道新聞

「石狩管内」の画像検索結果

和歌山県や、愛知県での感染者は、病院名や具体的な場所(名古屋市)を

発表しましたが、北海道はどこなのかを全く明かしていませんでしたが、

世論におされて2月17日に「石狩管内在住」と発表しました。

「石狩管内」のどこなのかを言わないのは何故なのでしょう?

「石狩管内」だと人口で234万人。面積で3,539.86k㎡・・・・

北海道知事と役人はBAKAなのでしょうか?

石狩管内の面積と首都圏一都7県の面積が一緒です。

 

 

 

北海道のどこで新型コロナウイルス感染!?50代・農家・男性!重篤!

名前:調査中

年齢:50代

性別:男性

住所:北海道石狩管内

職業:農家

症状:重篤

顔画像:調査中

 

分かっているのは以上です。

 

 

 

 

新型ウイルス 北海道で50代日本人男性感染 集中治療室で治療

北海道は日本全体の2割くらいの大きさがあり、九州や四国よりも

大きいです。北海道のどこだよ?となるのは当然ですよね?

「石狩管内」の画像検索結果

石狩管内の面積と首都圏一都7県の面積が一緒です。

その後、2月17日(月)になって(土日は仕事しませんてこと?)、「石狩管内」

と発表しましたが、「石狩管内」ってどこだよ!広いわ!となるのは当然ですね。

人命がかかっているのに、北海道知事と北海道の役人はギャグでやっているので

しょうか?

 

 

 

北海道のどこで新型コロナウイルス感染!?に2ch/5chやネットでは?

石狩管内の自営業らしいけど何故それを隠す必要があった?

石狩管内の自営業じゃ何も絞れん…

JRに乗ったのか買い物どこ行ったかくらいは公表しろよな

まだいろいろ隠してるだろ?

で、なんで中途半端に発表するかなぁ

具体的な行動範囲を示せよ

石狩って…

非公表です → 石狩管内です


わざと神経逆撫でしてるとしか思えんw

江別、札幌、石狩、恵庭…

50代で重篤?

なーにが軽い風邪程度だ

インフルエンザと同じ対策だ

めちゃくちゃ怖いウイルスじゃねえか

確定しているのは農家男性ということだけ

北海道広過ぎw

詳細な場所を公表するのはメディアの責務なんじゃないの

やっぱ札幌のタクシー運転手やお土産屋さんあたりが候補ナンバーワンかな。

感染経路を発表しなさい

感染を広げる気ですか?

引用5ch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

以上、

 

北海道の感染者は石狩管内!どこで新型コロナウイルスか特定!50代・農家・男性!重篤!

 

でした。

石狩管内の面積と首都圏一都7県の面積が一緒です。

 

 

bannner tyuuko

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ