東名あおり運転被告・石橋和歩面会30万要求・手紙画像あり・罪は何年?裁判は?

2017年6月、神奈川県大井町の東名高速道路であおり

運転で追い越し車線に無理やり停車させられ、後ろから

来たトラックに轢かれて夫婦が死亡した事故の、

 

あおり運転被告・石橋和歩(かずほ・26歳、2018年12月時点)

 

が話題です。

事故自体もひどいものでしたが、あおり運転被告

石橋和歩、今度はメディアに対しての手紙が衝撃を

与えています。





 

「面会なら30万から」東名あおり運転被告からの手紙

2018年10月、the sanekei.newsに石橋和歩被告から

手紙が届きました。

東名あおり運転被告・石橋和歩の手紙写真・画像です。

 

この手紙には、

 

俺と面会したいなら30万からやないと受けつけとらんけん

それが無理なら諦めたがいいよ

人の事ネタにするのにタダで面会してもらうとか考え甘いばい(原文ママ)

 

と下手くそな字で書いてあります。

 

言葉がないですね・・・・。

反省の色ゼロ。

 

東名あおり運転被告・石橋和歩、どういう人なのでしょう?

 

東名あおり運転被告・石橋和歩wiki経歴

名前:石橋和歩(いしばし かずほ)

住所:福岡県中間市扇ケ浦

年齢:26歳(2018年12月時点)

家族:父と母が高2の時に離婚。男ばかり3兄弟の真ん中

学歴:地元の公立中学出身

   高校中退

職業:建設作業員

c3c468ce

あおり運転被告・石橋和歩の中学卒業アルバム顔写真・画像

 

東名あおり運転被告・石橋和歩の起こした事故は?





 

●日時:2017年6月5日

●場所:東名高速・神奈川県大井町(くだり線)

●経緯:

東名高速・中井PA(パーキングエリア)で石橋和歩被告の

車が、道路を塞ぐように枠外に駐車していたのを被害者が注意。

 

石橋被告おいかける。

 

追いついた石橋和歩は被害者の車に対して、執拗な幅寄せや

割り込みなどの走行妨害を繰り返し、強制的に追い越し車線

に停車させる。

 

被害者が乗る車のドアを開けるように指示、被害者がドアを

開けると、胸ぐらを掴みかかり「さっきのはケンカ売ってんのか」、

「どうしたんだよ、調子乗っているんじゃねぇよ」、

「高速道路にお前投げてやろうか」などの暴言を連発。

 

被害者を車外に引っ張り出そうとしたり、車中に押し倒そ

うとするなどの暴行も加える。

 

そこへ大型トラックが突っ込み、被害者家族の両親が死去。

同乗していた15歳と11歳の姉妹は軽傷でしたが・・・・・。

 

 

書いているだけで石橋被告に腹がたってきます。

 

そのあげくにこの「あおり運転被告からの手紙」です・・・。

 

東名あおり運転被告・石橋和歩、裁判と罪は?

この事件の裁判が横浜地裁で2018年12月3日から始まります。

 

法定刑の上限は懲役7年。これに対し横浜地検は、

法定刑の上限が懲役20年の危険運転致死傷罪で

起訴しています。

 

いや、これだけしか刑罰をかせないのでしょうか?

 

とても納得できませんが・・・・。

 

こういう人間には、一生外に出てきてほしくないです。

 

弁護側は無罪を主張するらしいですが・・・。

弁護士も仕事とはいえ嫌でしょうね、この種の人間と

関わるのは。





 

(関連記事)

東名あおり運転事故まとめ詳細・名前・顔画像、写真・裁判予定他

石橋和歩(かずほ)wiki経歴・彼女・評判・判決は?東名あおり運転被告加害者

 

 

 

bannner tyuuko

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ