バンクシーとは?wiki経歴・誰か特定!顔画像あり!主要作品・ロビン・ガニンガムがバンクシー?

「バンクシー」とは覆面アーティストです。

素顔も本名・名前も非公表、イギリスを中心に活動しています。

 

が、「バンクシーはロビン・ガニンガムでは?」と、個人を特定する

説も出ています(下記に詳述します)

「バンクシー」の画像検索結果

街中の建物や壁などにメッセージ性の強い

作品を描くのがバンクシーの特徴です。

 

一種のストリートアートと言っていいかと思います。




 

バンクシーwiki経歴・プロフィール

関連画像

名前:バンクシー(Banksy)

生年月日:非公表

年齢:非公表

出身地:非公表ですが、英国のブリストルが地元だと思われます。

国籍:非公表ですが、英国人or英国在住だと思われます。

個人かグループかも分かっていませんが、完全に個人という事はありえないでしょう。

 

*この記事の下部で、「バンクシー=ロビン・ガニンガムさん」説を検証しています。

「バンクシー」の画像検索結果

経歴:

バンクシー(Banksy)もともとは、いわゆるストリートアーティスト

でした。壁や街中に「落書きした」作品を残していくやりかたです。

「バンクシー」の画像検索結果

1980年代のアメリカで活動した、ミシェル・バスキアに通じる

所がありますね。

 

バンクシーは2001年にはメキシコで、政治的な壁画を描いたり

した事が分かっていますが、世界的に有名になったのは、2005年

からです。

 

以下、その頃からのバンクシーの経歴・プロフィールを詳細にみて

いきたいと思います。主要作品の紹介にもなっています。




 

2005年/Banksy(バンクシー)

NYと大英博物館に勝手に展示

2005年3月、バンクシー(Banksy)はニューヨークの主要美術館

等に、自分の作品を勝手に展示しました。

(MoMA、メトロポリタン美術館、ブルックリン美術館、アメリカ自然史博物館

 

人のあまり入らない部屋の片隅に、他の作品同様に作品解説の

キャプションまで用意して「勝手に」展示したため、気づかれ

ずにしばらく展示され続けたようです。

「banksy the met」の画像検索結果

「banksy the met」の画像検索結果

変装したバンクシー(もしくは代理人)がNYの美術館に飾る所とその作品。

 

2005年5月には、大英博物館に自作を勝手に展示。

『街外れに狩りにいく古代人』という題名の遺跡のかけら(壁画の一部)

にはショッピングカートを押す人物が描かれています。

「街外れに狩りにいく古代人」(バンクシー、大英博物館)

 

バンクシーが勝手に展示したこの作品は、後に大英博物館の正式な

コレクションに追加されました。

(いいね!大英博物館)

 

 

こちらのyoutube動画には、変装したバンクシー(Banksy)、

もしくはバンクシーの代理人が色々な美術館で自作を展示し

て去っていく様子が映されています。

 

 

2005年の、NYと大英博物館の「事件」以来、バンクシーは

「落書き」アーティストから脱却し、世界的な有名芸術家に

なっていきます。

 

新し物好きな金持ちがこぞって買いたがる事もあり、バンクシー

作品は高値高騰が続いています。

 

パレスチナ分断の壁に作品を描く

2005年8月、バンクシーは、政治的な作品を残します。

ヨルダン川西岸のパレスチナ側の分離壁に作品を描きました。

f:id:omg-ox:20160815234145j:plain

f:id:omg-ox:20160815234215j:plain

f:id:omg-ox:20160815234118j:plain

イスラエルとパレスチナの間の壁ですから、ユダヤと

イスラムの対立の象徴のような所です。

 

風船を持って飛び上がり壁を越えようとする少女、

壁にかかるはしご、割れ目からのぞく壁の向こうに

は美しい景色が広がっている様が描かれています。

 

この作品を描いた際には、

「イスラエルの治安部隊は空に向けて発砲で威嚇をし、かなりの銃が彼を狙っていた」

(バンクシーの代理人)との事です。




 

2006年/Banksy(バンクシー)

ブリストルに描いた作品は97%が保存を希望してそのままに

2006年6月には、イギリス西部の港湾都市ブリストルに、

裸の男がバスルームの窓からぶら下がっている壁画を描きます。

「banksy bristol」の画像検索結果

その後、この作品を巡って、取り除かれるべきかどうか議論に

なりますが、インターネット上の投票では97%の人々が取り除

くべきでないという立場を支持したため、現在(2019年1月)も

そのままになっています。

 

観光名所になりますかね?

 

英ブリストルは、バンクシーの地元である事がほぼ確定しています。

 

パリス・ヒルトンのデビュー・アルバムのフェイクを制作

2006年の8月から9月にかけて、パリス・ヒルトンの

デビューアルバムのフェイクを500枚制作、イギリスの

48のレコードショップに勝手に設置。

「banksy hilton」の画像検索結果

「banksy hilton」の画像検索結果

"Why am I Famous?"(私は何で有名なの?) 

"What Have I Done?"(私が一体何をしたの?)など。

 

パリス・ヒルトンの顔の部分に犬の頭を貼り付けたり、ヌードの

マネキンにパリスの顔を貼り付けた写真が載せられていました。

 

表からはその違いが分からなかったため、いくつかのCDは店側が

気がつく前に購入され、オークションでは750ポンド(約10万円強)

の値段がついたとのことです。

 

ディズニーランドに囚人服の人形を設置!

2006年9月、米国カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランド

設置されている遊具「ビッグサンダー・マウンテン」の近くに、

グァンタナモ米軍基地の囚人の格好(オレンジのジャンプスーツ、

黒い帽子、手錠)をした人形を設置しました。

「banksy guantanamo bay disneyland」の画像検索結果

権利とかイメージにうるさいデズを攻めますか!

(訴えられなかったんですかね?)




 

2009年/Banksy(バンクシー)

2009年6月13日~8月31日、地元である英・ブリストルの美術館(市営)に

おいて大規模展「Banksy versus Bristol Museum」を開催しました。

「Banksy versus Bristol Museum」の画像検索結果

「Banksy versus Bristol Museum」の画像検索結果

 

 

2010年/Banksy(バンクシー)

バンクシーを追いかける男の映像をもとに、いつの間にかその男が

バンクシーらによってグラフィティーアーティストに仕立て上げら

れていくドキュメンタリー映画

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

を監督。

 

同年度のアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞にノミネート

されました。

 

 

2013年/Banksy(バンクシー)

2013年10月、バンクシーは、ニューヨークはマンハッタンの

セントラルパーク付近の路上に屋台を設置し、自身の作品を

路上販売しました。

 

値段は1作品60ドル(7000円程度)

売り子のおじさんが一人いるだけ

 

看板には値段を書いただけで、それ以外の情報は一切なし。

banksyの文字はありません。

 

当然、ほとんどの人は見向きもせず、その日の売上は、

420ドル(約4万4000円程度)。

7枚売れたのですかね?

 

ただ、英・ガーディアン紙によれば、市場価値的には、22万5000ドル

(約2300万円程度)のものだといいます。屋台全体では100万ドル以上

(1億1000万円程度)だったそうです。

 

こちらがそのyoutube動画

 

 

売り子のおじさん誰?

バンクシーの一員?

 

答えを知っているから言うわけではありませんが、動画を見ると、

「これはええ絵や!」

という感じですよね?




 

2015年/Banksy(バンクシー)

2015年8月22日~9月27日、ディズマランド(Dismaland)

をオープン。

 

ディズマランド(Dismaland)は、バンクシーがディズニーランド

を揶揄?してプロデュースしたテーマパークです。

 

上記の期間限定(5週間)で、イギリスのサマセット州の

ウェストン=スーパー=メアの海岸にて開催されました。

 

dismal=陰鬱・暗い  です・・・。

f:id:omg-ox:20160815201815j:plain

f:id:omg-ox:20160815201844j:plain

f:id:omg-ox:20160815201851j:plain

f:id:omg-ox:20160815201903j:plain

廃墟となったシンデレラ城、まるでやる気の無いキャストたち、

死神のオブジェetc.

 

 

ディズマランドのyoutube動画です。

4_e4

9_e2

10_e0

11_e0

13_e

14_e3

ディズニーランドにケンカを売るバンクシー、coolです。

それにしてもこれもディズニー側に訴えられなかったのでしょうか?

笑って見過ごしたとしたら、そのディズニーランド側の横綱相撲に

「いいね!」ですかね。

「banksy dismaland」の画像検索結果

「banksy dismaland」の画像検索結果

バンクシーがプロデュースしたディズマランド、かなり本格的です。

というか、こんなん一大プロジェクトじゃないですか。

 

ディズマランドがあった、イギリスの「サマセット州ウェストン・スーパー・メア」

という場所の地図・グーグルマップです。

 

ブリストルからも近いですし、この辺りが、バンクシーの

「本拠地・ホームグラウンド」なのでしょうか?




 

2018年/Banksy(バンクシー)

オークションで落札された作品が直後にシュレッダーでズタズタに

2018年10月7日、サザビーズオークションに出品された

「赤い風船に手を伸ばす少女」

が約1億5千万円で落札された直後に額縁に仕掛けら

れたシュレッダーが作動して作品がズタズタに切られ

る事件が発生しました。

「赤い風船に手を伸ばす少女」の画像検索結果

「赤い風船に手を伸ばす少女」(バンクシー)

 

もちろん、バンクシーのいたずらです。

 

 

シュレッダーの作成から、オークション落札の瞬間、シュレッダーが

作動して絵がズタズタになる状況までがyoutube動画で見れます。

 

来場者が本当にビックリしてますね。

 

また、バンクシーは自身のインスタグラムでも同じ動画を載せています。

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

. "The urge to destroy is also a creative urge" – Picasso

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、この作品は、

「愛はゴミ箱の中に」

と改名される事になりました。




 

2019年/Banksy(バンクシー)

バンクシーかどうかは分かりませんが、2019年1月に、東京都

港区の防潮扉に「バンクシーらしき」絵が見つかったとして、

1月16日、都はアルミ製の板を取り外し、倉庫で保管している

そうです。

「バンクシー」の画像検索結果

「バンクシー」の画像検索結果

バンクシーのニセモノ・贋作は世界中にありますし、真贋さだかで

はありませんが、状況証拠としては可能性が高そうです。

 

この「ネズミ」の絵は、バンクシーが監督して2010年に公開

したドキュメンタリー映画

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

にも登場します。23分39秒ごろに、バンクシーの活動を紹介する

シーンで、今回発見されたものと見られるネズミの絵が映ってい

ます。

 

また、同年にアメリカの週刊誌「LA Weekly」の公式サイトに

掲載されたバンクシーの記事では、この絵が

「バンクシーのネズミ、東京 バンクシー提供」

と写真が紹介されています。

絵柄も、六角ビスの位置も酷似しています。

「バンクシー」の画像検索結果

小池百合子東京都知事が喜ぶのはなんかしゃくですが、

これはバンクシーが描いたものである可能性が高そう

ですね。

 

2010年にすでに描かれていたとすると、10年近く「放置」

されていたという事になりそうです。

 

「バンクシーの絵では?」

 

と都に報告した方の目利き力が素晴らしいですね。

 

 

さてさて、長々と「バンクシーの主要作品や経歴」を

見てきましたが、で、結局、バンクシーは誰なのでしょう?




 

バンクシーはアートプロジェクト・確定しているのは二人?

バンクシーに関する経歴を調べてきた結果分かる事は、

「完全個人では不可能な活動」

だと思います。

 

「ディズマランド」とか一大プロジェクトです。

 

ですよね?

 

そうすると、「バンクシー」はある種の

「グループ」「アートチーム」「アートプロジェクト」

だと思われます。

しかも、相当遊び心のある。

 

●絵を描く人

●プロデュースする人

●各種創作を補佐する人

●資金管理する人

(●NYの路上でバンクシーを売っていたおじさん)

 

最低これくらいは必要です。もちろん同じ人が

何役かやる可能性はありますが。

 

2019年現在、「バンクシー」では?と言われているのが

下記の二人です。

 

ロビン・ガニンガム(Robin Gunningham)

「Robin Gunningham」の画像検索結果

バンクシー(ロビン・ガニンガム)の顔画像・写真

 

名前:ロビン・ガニンガム

生年月日:1973年7月28日

年齢:45歳(2019年1月時点)

出身地:イギリスのブリストル

国籍:イギリス(イングランド人)

住所:イギリスのブリストル

身長:173cm

体重:79kg

学歴:ブリストル大学卒

家族:結婚歴あり、離婚しています。

メールアドレス:faq@banksy.co.uk

ウェブサイト:banksy.co.uk

「Robin Gunningham」の画像検索結果

 

現在の所、一応、バンクシー=覆面画家ですが、

「バンクシーはロビン・ガニンガム?」という説が

最有力視されています。

 

少なくとも、バンクシーの一人である可能性は極めて高い

状況です。

 

もうひとり「バンクシー」の一員と見られているのが、

イギリスの音楽バンドの、マッシブ・アタックのメンバー、

 ロバート・デル・ナジャ/Robert Del Najaです。




 

ロバート・デル・ナジャ(Robert Del Naja)

「Robert Del Naja」の画像検索結果

ロバート・デル・ナジャ(Robert Del Naja)の顔画像・写真

 

名前:ロバート・デル・ナジャ

愛称:3D

生年月日:1965年1月21日

年齢:54歳(2019年1月21日時点)

出身地:イギリスのブリストル

バンド、マッシブ・アタック(Massive Attack)のメンバー

 

1983年から3Dとして音楽活動を開始。

もともと、グラフィック・アーティストをしていました。

 

 

ロバート・デル・ナジャ(Robert Del Naja)自身は、「バンクシー」

の一員であることを認めていませんが、推測される理由がもちろん

あります。

 

2017年6月に、英のミュージシャン・ゴールディがラジオ番組で、

 

「 バブルレター( 線の端を丸く膨らませたフォント )で

何かTシャツにBanksyと添えてしまえば、それで売れてしまう。

けれど、Robをリスペクトしていないわけじゃない。

彼は素晴らしいアーティストで、アートの世界を覆してしまった 」

 

と発言しました。そのRob=robert del naja と思われています。

 

また、Massive Attackがツアーやライブをすると、その先々で

「バンクシー」の壁画が現れるという統計もあるとかないとか。

 

 

ただし、すでに書いたように3D(ロバート・デル・ナジャ)は

「バンクシー」である事を否定していて、「仲の良い友人」だと

語っています。

 

そうすると、ロバート・デル・ナジャの言う「仲の良い友人」

とはバンクシー=ロビン・ガニンガムのことを指している

のかもしれません。

 

 

ロビン・カニンガムに関しては、ほぼほぼバンクシー確定

だと思います。

 

ロバート・デル・ナジャは、「バンクシー」をサポートし

ているのかもしれませんね。まあ、広い意味での「バンクシー」

の一員かと・・・。

 

もう少し踏み込むと、

 

バンクシーは英・ブリストル出身の

ロビン・ガニンガムが中心となった、

アート集団(プロジェクト)で、その一員に

ロバート・デル・ナジャ(ブリストル出身)も

いるという事になりそうです。




 

まとめ

以上、話題の覆面アーティスト

 

バンクシー

 

についてまとめました。

関連画像

遊び心と才能のあるアーティストで良いですね!

バンクシーtシャツ欲しくなりました!

 

 

「バンクシー」についてより詳しく知りたい方は下記をどうぞ。

書籍

  

 

映像

 

 

バンクシーTシャツ

   




 

 

 

 

bannner tyuuko

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ