三森すずこwiki経歴!学歴は駒澤大学中退!本名!妊娠?オカダ・カズチカとのなれそめは?結婚相手!

2019年4月12日、昨年1月に交際宣言していたプロレスラーの

オカダ・カズチカ(31)と声優の三森すずこ(32)がそれぞれ

のSNSを通じ結婚を発表しました。

オカダ・カズチカと三森すずこの顔画像・写真(出典:twitter)





 

オカダ・カズチカ(31)と声優の三森すずこ(32)結婚の概要

昨年1月に交際宣言していたプロレスラーのオカダ・カズチカ(31)

と声優の三森すずこ(32)が12日、それぞれのSNSを通じ結婚を発表した。 

2人は昨年1月に一部スポーツ紙で熱愛が報じられ、その後それぞれの

ツイッターで将来を見据え真剣交際中であることを報告していた。プロ

レス界、声優界きっての人気を誇るビッグネーム同士がめでたくゴールインした。 

オカダはツイッターで「私事ですが以前よりお付き合いさせて頂いていた三森すずこ

さんと入籍したことをご報告させて頂きます。レインメーカーとして”幸せの雨”を

家庭に降らせることができるようお互いに協力し合いながら、プロレス界にも

変わらずに”カネの雨”を降らせ続けていきますので、今後とも宜しくお願い致し

ます」と宣言。 

三森も自身のブログで「私事で恐縮ですが、この度、新日本プロレスの

オカダ・カズチカさんと入籍いたしましたことをご報告させていただきます」

と報告。「人としてまだまだ未熟な私ですが、私の母のように、明るく楽しく

温かく家族を支える女性になれるよう努めていきたいと思います。そして、

表現者・三森すずことしては、これからも変わらず精進し続け、さらなる高み

を目指していきたいと思います。皆さん、いつもたくさんのご声援をいただき、

本当にありがとうございます」と喜びをつづった。 

かねてよりプロレス好きを公言してきた三森は、2016年10月から17年7月まで

テレビ朝日ほかで放送されたアニメ『タイガーマスクW』にタイガーマスクの

マネージャー・高岡春奈役で出演。同アニメには「オカダ・カズチカ」(CV:

森田成一)というキャラクターも登場しており、アニメのイベントにオカダが

ゲスト出演して三森とステージ上で共演したり、三森が新日本プロレスのイベ

ントに参加したこともあった。 

オカダは2012年2月、24歳の時にIWGPヘビー級王座を史上2番目の若さで戴冠。

プロレス界にカネの雨を降らせる男“レインメーカー”の異名をとる。191センチ

の恵まれた体格から繰り出される打点の高いドロップキックや、一撃必殺のレイ

ンメーカー、さらに端正な顔立ちや唯一無二の存在感あふれる戦いで人気を獲得し、

「プ女子」ブーム立役者の一人でもある。ドラマ『99.9』や声優としてアニメ

『ワールドトリガー』に出演するなど、多方面で活躍。 

2010年デビューの三森は、アニメ『ラブライブ!』で園田海未役を務め、同シリー

ズのスクールアイドルグループμ'sのメンバーとしてブレイク。2015年『第66回

NHK紅白歌合戦』にもμ'sの一員として出場した。その他、アニメ『探偵オペラ

ミルキィホームズ』シャーロック・シェリンフォード役、『ゆるゆり』古谷向日葵役、

『結城友奈は勇者である』東郷美森/鷲尾須美役などで知られ、ミルキィホームズや

スタァライト九九組など声優ユニット、ソロ歌手と多彩に活動している。

 

出典:oricon news

 

プロレスラーのオカダ・カズチカ(31)と声優の三森すずこ(32)が

結婚です。

 

二人ともそれぞれの業界を牽引する存在です。





 

三森すずこwiki経歴・プロフィール・顔画像

アニメウィークエンドアトランタにて (2012年)

三森すずこの顔画像・写真(出典:twitter)

 

名前:三森すずこ(みもりすずこ)

本名:黒川鈴子(くろかわすずこ)

生年月日:1986年6月28日

年齢:32歳(2019年4月時点)

出身地:東京都

血液型:AB型

身長:160cm

職業:声優、歌手

学歴:女優・歌手の神田沙也加とは中学時代のクラスメイトかつ友人 

   駒澤大学中退(宝塚音楽学校を受験して二回落ちているようです)

経歴:かつては本名・黒川鈴子名義で活動。

   大学(駒澤大学)在学中に声優活動を開始

   正式デビューは2010年。

   μ's(ミューズ)の一員として2015年、第66回NHK紅白歌合戦に初出場  

   2016年7月~10月、初の全国ツアー

   2019年4月12日、プロレスラー、オカダ・カズチカとの結婚を発表

 

三森すずこさん、声優としては中堅といったところでしょうか。

もともと、宝塚に行きたかったそうですが、二回受験して二回とも

落ちてしまったそうです。

 

その後は、本名の黒川鈴子名義で女優として活動するも、なかなか

芽が出ず、現所属事務所・響の親会社であるブシロード社長の木谷高明に

声をかけられ、響へ移籍し声優活動を開始したそうです。

 

駒澤大学に通っていたものの、声優活動をするために中退したとの事です。

 

『μ's』(ミューズ)というメディアミックス作品群『ラブライブ!』に登場

する架空の9人組女性スクールアイドルグループ、およびそのキャラクターの

声を演じる声優達による実在の9人組女性声優ユニットでの活動が有名です。

 

『μ's』(ミューズ)の一員として、2015年末の紅白に出場しています。

 

そして、2018年にはオカダカズチカとの交際が報じられ、双方に認めました。

2019年4月には結婚へとつながりました。





 

三森すずことオカダ・カズチカのなれそめはブシロード!

三森すずことオカダ・カズチカのなれそめは「ブシロード」です。

 

三森すずこさんが所属する声優事務所『響』は、(株)ブシロード

を中心とするブシロードグループの傘下です。

 

もともと、ブシロードの社長が、三森すずこさんを声優に誘って

います。

 

さらに、オカダ・カズチカはブシロードのCMに出演しています。

 

 

ブシロードが発売する、フューチャーカード「バディファイト」の

CMと言えば、オカダカズチカです。

 

まあ、広い意味での「職場結婚」と言えるかもしれませんね。

 

もともと、三森すずこさんはプロレスファンだったという事で

すから、もう少し具体的にいえば、「社長の紹介」ということ

になるのかもしれません。





 

三森すずこは妊娠してる?

2018年1月に交際が発覚した、三森すずことオカダ・カズチカですが、

当初から交際を認めていて、2019年4月に突然の結婚発表です。

 

「三森すずこが妊娠?」

「三森すずこでき婚?」

 

といった噂が流れています。

 

特に発表はされていませんので、まだ分かりませんが、もし

でき婚だった場合は、2019年内に出産となりそうですね。

 

オカダ・カズチカwiki経歴・プロフィール

「オカダカズチカ」の画像検索結果

出典:twitter

 

名前:オカダ・カズチカ

本名:岡田和睦(おかだ かずちか)

出身地:愛知県安城市

生年月日:1987年11月8日

年齢:31歳(2019年4月現在)

所属:新日本プロレス

必殺技:レインメーカー

デビュー:2004年8月29日

身長:191cm

体重:107kg

血液型:A型

学歴:愛知県立安城市立安祥中学校(中卒で新日本プロレス入門)

 

オカダ・カズチカと言えば、低迷していた新日本プロレス

を復活させた功労者の一人です。

 

特に、その端正な顔立ちから、多くの女性ファンをプロレス会場に

引き寄せたといわれています。結婚して人気落ちませんかね・・・。

 

オカダカズチカといえば「レインメーカー」です。動画をどうぞ。

 

 

レインメーカーとは?

「ジャーマン・スープレックスの要領で相手の背後に立ち、そのまま後ろから

相手の腰に手を回し、片腕で相手の反対側の腕の手首を掴む。その後、手首を

掴み取った相手の腕を自身の方向へと引っ張り込むことで、相手をその場で向

きを勢いよく反転させ、その勢いで向かい合う形となったと同時に相手の喉元

に自身の相手の手首を掴んでいない方の腕を叩き付ける。

技名はオカダを代表する技ということで自身のニックネーム「レインメーカー」

から取っており、洋画『レインメーカー』から来ており、「金の雨を降らせる=

試合会場に客を呼び寄せ利益を得る」という意味合いが込められている。」

(引用wikipedia





 

まとめ

以上、

 

三森すずこwiki経歴!学歴は駒澤大学中退!本名!妊娠?オカダ・カズチカとのなれそめは?結婚相手!

 

でした。

 

お幸せに。

 

amazonプライム値上げの理由がヤバイ!年会費1000円増!消費者囲って値上げ!米アマゾンに追随?

2019年4月12日、アマゾンジャパンは「Amazon プライム」の年会費を

値上げすることを明らかにしました。同日付で年会費を3900円から4900円

(1000円増)に、月会費を400円から500円(100円増)に変更すします。

既存会員の会費は2019年5月17日以降の更新時に適用されるとの事です。

「アマゾンジャパン」の画像検索結果

(出典:twitter)




 

amazonプライム年会費1000円値上げの概要

アマゾンジャパンは4月12日、会員制プログラム「Amazon プライム」の

年会費を初めて値上げすることを明らかにした。同日付で年会費を3900円

から4900円(1000円増)に、月会費を400円から500円(100円増)に変

更する。既存会員の会費は5月17日以降の更新時に適用されるという。

 

2007年にサービスを開始した当初のAmazon プライムは、「お急ぎ便」

などの配送特典のみを提供していたが、その後も追加料金なしにさまざま

な特典を拡充してきた。

 

代表的なサービスが、2015年に追加された動画見放題の「Prime Video」や

音楽聴き放題の「Prime Music」だ。さらに2016年にはストレージ

「Amazon Photo」、2017年には食品配達の「Amazon フレッシュ」、

電子書籍読み放題の「Prime Reading」などを提供。さらに、2018年には

ペット向けの「PrimePets」、洋服を試着してから買える「プライム・

ワードローブ」などを提供してきた。

 

今回の値上げは、2007年の日本上陸から初となる。アマゾンの担当者は

その理由について「これまで11年間さまざまな努力を重ね、会費は一度も

改訂してこなかったが、(2007年の)開始時と比べて商品数や特典は大幅

に増え、外部環境も大きく変わっている。今後も新たなイノベーションを

起こし続け、お客様に引き続き便利にご利用いただくために、このような

決断をすることにした」と説明した。

 

これにあわせて、学生向けの「Prime Student」の年会費も1900円から2450円

(月会費は200円から250円)になるほか、法人向けの「Business プライム」の

Essentialsプラン(最大3ユーザーまで利用可能)の年会費も、プライム年会費と

同額の4900円に変更するとしている。

 

なお、米国のAmazon プライムの価格は現在119ドル(約1万3000円)となって

おり、日本は値上げ後も米国の半額以下にとどまる。気になるのは今後のさらな

る値上げの予定についてだが、「特に決まっていることはない」とした。

 

出典:yahooニュース

 

いまや、生活インフラとなりつつある、「アマゾン」ですが、その

特典「amazonプライム」の年会費がサービス開始以来初の値上げ

となります。

 

2007年のサービス開始時から、今回の値上げまで「アマゾンプライム」

の年会費はずっと3900円でした(月額の場合は400円)。

今回はそれを一気に1000円上げで4900円にするとの事です。

 

アマゾンプライム値上げの「公式な理由」は、これまでずっと同価格(追加

料金無し)でやってきて、サービスも拡充してきたので、そろそろ、という

事のようです。

 

実際に、2015年には「Prime Video」、「Prime Music」、2017年には

電子書籍読み放題の「Prime Reading」等を提供してきました。

 

そして、2019年4月11日に、急に値上げです。

 

以下では、2019年4月のアマゾンジャパンによる

「amazonプライム年会費値上げの理由」

について、二つの視点から検証してみたいと思います。

 

(関連記事)

アメリカAmazonプライム会員料金を値上げ(2018年4月)




 

amazonプライム値上げの理由がヤバイ!

2019年4月12日に発表された、アマゾンジャパンによる、

 

「amazonプライム年会費値上げ」

 

ですが、

 

●年会費を3900円から4900円(1000円増)

●月会費を400円から500円(100円増)

 

という内容です。

 

以下では、このamazonプライム年会費値上げ理由を、

「1 お客・消費者を囲う事ができて、同業者が消えたら値上げ」

「2 米アマゾン・amazon.comに追随」

の二点から検証してみたいと思います。

 

amazonプライム値上げの理由1:消費者を囲えたから

amazonもビジネスですから、アマゾンプライム値上げの理由として、

 

ある程度消費者を囲う事ができたから

 

というのはあると思われます。

 

実際に、一度会員になってしまうと、なかなか解約しませんし、(これは

アマゾンに限りませんが)解約の方法が分かりづらかったりしますwww

 

しかも、多くの場合は「年会費」ですから、存在すら気づかないケースも

多々あります。

 

ですので、アマゾンは、プライム会員でない人が買い物をする場合には、

しつこくしつこく、「プライム会員」を試しませんか?といったポップ

アップを出していました(今でも出しています)。

 

また、同業者が同種のサービスを提供しても、アマゾンの質と量にはなかなか

勝てませんから、実質的には独占サービスになってきています。

 

さらに、アマゾンのお客さんであっても「プライム会員でないとかなり面倒」

な仕組みにすることで、プライム会員化を促してきました。

 

その結果、「アマゾンプライム会員」の数が一定数に達して、顧客の囲い込みが

終わったのでしょう。

 

この点が、2019年4月の「アマゾンプライム年会費値上げ理由」の一つである

ことはほぼ間違いないと思われます。

 

 

実は、アマゾンは同じような事を「業者」に対してもやっています

アマゾンで自分の商品を販売できる、「アマゾンマーケットプレイス」

(2002年開始)には、多くの出品者(企業、個人等々)がいます。

 

個人でも「アマゾン」ブランドを使って商売ができるので、参加人数も

かなりのものでしょう。

 

その、アマゾンマーケットプレイスには、アマゾンが配送を代行してくれ

る「FBA」(フルフィルメントバイアマゾン)という有料サービスがあり

ます。(2008年開始)

 

このFBAは、個人にはとてもありがたいサービスなので利用者も多数いて、

日本全国にFBAの倉庫があります。

 

そして、このFBAサービスでもアマゾンは、「囲い込んでの値上げ」を

過去に何度もやっています。

 

FBAのサービス開始当初(2008年から)は、当然利用者も少なく、おそらく

倉庫もガラガラだったのでしょう。そのため、今では考えられないような

「激安」料金でFBAを利用することができ、個人業者は多いに潤ったと

言います。

 

その代わりといってはなんですが、個人レベルのマーケットプレイス出品者

は「FBA依存」のような形になっていきました。

 

 

そして、複数回に渡る大幅な値上げがやってきます。

2018年4月のFBA値上げの際には、多くの個人業者がFBAから撤退し、

アマゾンマーケットプレイスでの商売をやめたという話もあります。

 

 

つまり、アマゾンプライム年会費の値上げには、マーケットプレイスのFBA

値上げという「前科」もあり、驚くことではないという事ですね。

 

お客さんを囲い込んで逃げられなくなったら値上げして大きく

回収(利益をあげていく)というスキームです。




 

amazonプライム値上げの理由2:アメリカアマゾンに追随

もう一つの「アマゾンプライム値上げの理由」は米アマゾン(amazon.com)

でのprime年会費値上げに追随したのでは?というものです。

 

これもほぼ間違いないと思われます。

 

(関連記事)

アメリカAmazonプライム会員料金を値上げ(2018年4月)

 

「アメリカアマゾン」(amazon.com)では、2019年4月現在、

アマゾンプライムの年会費が119ドル(約1万3000円)です。

 

この価格からすると、日本のアマゾンプライム価格はずいぶん安いですね。

 

その「アメリカアマゾン」(amazon.com)が、prime年会費を

値上げしたのが2018年4月26日(現地時間)でした。

99ドル→119ドルの値上げでした。

 

それから、一年、世界各国のamazonで検証され、

「日本のアマゾンもプライム年会費値上げしても問題なし」

という判断に至った事は容易に想像されます。

 

ちなみに、世界のamazonでのprime年会費は、

イギリスアマゾンは約11000円、ドイツやオーストラリアの

アマゾンは約9000円です。(2019年4月時点)

 

日本のアマゾンだけが極端に安いですね。

 

おそらく、それらの先進国に比べて、日本はまだ、実店舗信仰、

現金信仰(クレカ嫌い)が強いので、まだそこまで「アマゾン支配」

が及んでいないのかもしれません。




 

amazonプライム年会費値上げに2ch/5chやネットでは?

うーん、むかつくから抜けよう

 

値上げは離婚代金分です

 

会員を囲ってから値上げw 


王道だなw

 

囲って競合を排除したら値上げ 


これは何度も見てきた光景だからな

 

引用:5ch

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

まとめ

以上、

 

amazonプライム値上げの理由がヤバイ!年会費1000円増!囲って値上げ!米では2018年4月に値上げ!

 

でした。

 

amazonプライム年会費値上げ理由を、

「1 お客・消費者を囲う事ができて、同業者が消えたら値上げ」

「2 米アマゾン・amazon.comに追随」

の二点から検証してみました。

 

結論としては、二点ともがamazonプライム値上げの理由であると

考えてほぼ間違いないかと思われます。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ