ヨシタケシンスケ wiki経歴・プロフィール・本名、結婚・嫁・子供 画像・顔写真あり 作品の魅力 情熱大陸

絵本作家として注目を集めている、

ヨシタケシンスケさん。

 

2018年10月21日放送のTBS「情熱大陸」にも登場して

話題です!

 

 

もともと、イラストレーターだったヨシタケシンスケさん、

40歳で絵本作家になってブレイクしました。

 

ヨシタケシンスケといえば、

シンプルな笑顔のイラストは描かない

事で有名ですが、

「ヨシタケシンスケ 画像」の画像検索結果

どんな方なんでしょう?




 

ヨシタケシンスケ・絵本作家 wiki経歴・プロフィール

ヨシタケシンスケ(よしたけしんすけ)

 

名前:ヨシタケシンスケ

本名:吉竹伸介

生年月日:1973年生まれ(45歳、2018年時点)

出身地:神奈川県茅ヶ崎市

学歴:1992年筑波大学芸術専門学群入学→その後、同学群を卒業

   1998年筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了

   (大学院修了後、半年間ゲーム会社で会社員をする)

職業:イラストレーター、絵本作家

代表作品:『りんごかもしれない』『ぼくのニセモノをつくるには』etc.

 

筑波の大学院を出た後、イラストレーター、挿絵、広告美術

などの分野で活動していたヨシタケシンスケさんですが、

オリジナル絵本の作家としては、40歳でデビューしました

 

遅咲きの絵本作家ですね。

 

というのも、ヨシタケシンスケさんの絵本は、ご自身の

子育て経験から着想を得ている部分が多々あるとのこと

なので、そうすると子供がいないとアイデア出てこない

ですからね。

 

もとはイラストレーターの仕事をしていた、ヨシタケ

シンスケさん。当時は職場でイラストを周囲から

『隠せるサイズ』で書いてたそうです。

 

その理由は職場でのストレス発散の為だったといいます。

イラストのネタが上司への悪口だったからとの事です。

(いかにもありそうですね。というか事実なんでしょう)

 

そのためか、いまでもヨシタケシンスケさんの原画・原寸は

とても小さく、それをスキャナで拡大プリントするというや

り方をしているそうです

それらの「職場上司ネタ」が周囲に大うけだったらしく、

徐々にそれらの楽屋オチものが世に出ていきます。

 

絵本作家となる前、2003年に出版したのが、

しかもフタが無い

 

表紙画像が「いかにも」な感じで良いですね。

 

その後、『週刊文春』で「ツチヤの口車」の

イラストを担当したりして、「ソロデビュー」

をしていくことになります。




 

ヨシタケシンスケの絵本作品・発想絵本

2013年りんごかもしれない(ブロンズ新社)

 ・初のオリジナル絵本

 ・MOE本屋さん大賞 1位

 ・第61回産経児童出版文化賞芸術賞

2014年ぼくのニセモノをつくるには(ブロンズ新社)

 ・第2回長野県本屋大賞CONTEMPORARY部門受賞

2016年このあと どうしちゃおう(ブロンズ新社)   

(これらのシリーズは「発想絵本」と呼ばれています。

この発想絵本シリーズで

「第8回池田晶子記念~わたくし、つまりNobody賞」を受賞)

 

2017年あるかしら書店

2017年つまんない つまんない

2018年おしっこちょっぴりもれたろう

2018年みえるとか みえないとか

2018年それしか ないわけ ないでしょ

 

その他多数。

 

ヨシタケシンスケの絵本世界の魅力

 最初の方に書いたように、

ヨシタケシンスケといえば、

シンプルな笑顔のイラストは描かない

です。

(もちろん、笑顔の顔もないわけではないですが)

 

ヨシタケシンスケの絵柄の魅力は、

 

「シュール(超現実)っぽくて極めてリアル」

 

な所かもしれません。

「ヨシタケシンスケ 絵」の画像検索結果

特に同じ子育て世代としては、

「いつも笑顔なわけないだろ!」

という意味で、とても・強く・深く・共感します。

 

 

このツイッターの方が言いたい事を代弁してくれています。

「ヨシタケシンスケ 絵」の画像検索結果

実際の子育てにリアルで、笑顔も少ないけれども、

ヨシタケシンスケの絵本には魅力があります

 

それはおそらく、そのリアルさの中に、ある種の

子育ての幸せ感が含まれているからだと僕は思います

 

子育ては日常の連続なわけですが、面倒くささや大変さ

というのと同時並行に、子供がいる幸せがあるのでは

ないかと愚考します。

 

もちろん、子育て、面倒ですし、大変です。

でも、それがあるからこそ、可愛さもあるのでは?

 

そういった二面価値・多面価値的なアンビバレント

な感情をヨシタケシンスケの絵本はとてもうまく

表現している気がします。

 

大変だけれど不幸せではない、むしろ幸せ、みたいな?

 

ヨシタケシンスケさん、家族・嫁・子供は?

ご自身の子育てが作品のベースとなっているような

ので、ヨシタケシンスケさん、結婚されてて、嫁も

子供もいます。

yoshitake

2003年30歳で結婚されたようです。

子供は二人(男の子)。

 

ヨシタケシンスケさんの奥様・妻・嫁、興味がありますが

画像等はないようです。

 

ただ、ヨシタケシンスケさんのインタビューによると嫁は、

元気ではっきりしていて、しょっちゅう二人の男の子を

怒っているそうです。

 

2018年現在、ヨシタケシンスケさんの子供は、12歳と6歳

になっているとの事です。

 

その二人の男の子を育てた経験が作品に昇華している

のでしょう。

 

実際、ヨシタケシンスケさんは「子供を育てていなかったら、

絵本を描いていなかったと思う」そうです。

 

 

以上、注目の絵本作家、ヨシタケシンスケさんについてでした。




 

 

 

カミンスカス操wiki経歴・本名小山操、地面師グループ主犯? 名前の由来はリトアニア人?

積水ハウスから、五反田の土地を使って55億円を

だましとった地面師グループの事件が話題です。

 

その地面師グループの主犯格では?

と言われているのが、

カミンスカス操容疑者です。

 

現在(20181020時点)、フィリピンに逃亡中です。

 

どんな人物なのでしょうか?

そもそも、カミンスカス容疑者、日本人? フィリピン人?

 リトアニア人?




 

カミンスカス操・wiki経歴・プロフィール、画像

「カミンスカス wiki」で検索してもwikipediaにはでて

きません(2018年10月20日時点)ので、wiki風経歴から。

名前:カミンスカス操(みさお)

本名:小山操(こやま みさお)

生年月日:1960年。58歳(2018年10月時点)

職業:地面師

 

カミンスカス容疑者、本名は、小山操というようです。

 

小山操から改名してカミンスカス操になったようですね。

「カミンスカス」どこから来ているのでしょう?

 

「カミンスカス」の名前の由来は? リトアニア人の妻?

はっきりとした情報は分かっていません。

 

噂の段階ですが、

 

●「カミンスカス」はリトアニア(バルト三国)に多い名前

●妻がリトアニア人で結婚して改名した

●そのリトアニア人の前妻との間に1歳になる子供がいる?

●リトアニア人妻は、今はリトアニア在住?

 

確かに、リトアニア系の名前といわれればそう思えてしまう

気もしますが・・・。

 

本人がテレビのインタビューに怒り気味で答えてる

わけですから、フィリピンに逃亡する前に、誰か記者

が聞いてくれてもよかったかと・・・。

 

「カミンスカス」の名前の由来は、正確には分かって

いませんが、上記の可能性はいかにもありそうですけどね。




 

積水ハウスから騙し取ったお金で豪遊

積水ハウスから騙し取ったお金で、カミンスカス容疑者、

日々豪遊していたとの事です。

 

毎日、4~5人のホステスを同伴して店に通っていたとか、

銀座のルイ・ヴィトンでキャバ嬢らに、バッグやらなんや

らをバンバン買ってあげてたとか、色々な情報があります。

 

 

地面師として企業から大金を騙し取り、キャッチーな苗字に

改名して、バンバン豪遊し、危なくなったらフィリピンに逃亡。

 

 

カミンスカス操容疑者、分かりやすすぎます!

 

分かってないのは、「カミンスカス」の名前の正式な由来

ですかね。

 

しかし、55億円を騙し取られた、積水ハウスの担当者

とか社内で大変そうですね。




 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ